カテゴリー: 日記

人形祭

随着进入六月,一群早已光阴摧残人生衰老的生物,也开始癫狂起来,妄图伪装成儿童来得一番罪中之乐。无奈人生苦短,去日苦多,无非一日之间,麻痹自我,或感慨岁月沧桑,至夜,不过万籁俱寂,关门阖户,仰视天花板,觉捕风耳。人之幼时,

日記。平成26年11月25日

慕いまつる主なるイエスよ I 慕いまつる主なるイエスよ、捕え給え我を 道に迷い疲れ果てし、弱きしもべ我を II 風はつのり夜は迫る、されど光見えず 御手を伸べて助け給え、恵み深きイエスよ III 胸の内に安きあらず、今か

日記。平成26年11月20日

寒中の木の芽 内村鑑三 一 春の枝に花あり 夏の枝に葉あり 秋の枝に果あり 冬の枝に慰あり 二 花散りて後に 葉落ちて後に 果失せて後に 芽は枝に顕る 三 嗚呼ああ憂に沈むものよ 嗚呼不幸をかこつものよ 嗚呼冀望の失せし

煙よ飛んで

夜八時半、仕事からの帰り道。うちのクマの姿が橋の上に目撃した。タバコの煙が月の光で地獄の美しさを描きながら舞い上がり、空まで夜風に散ってしまう。ちょっと佇み、すぐにその場で座り、携帯を取り出し弄っていたそうだ。これは、い

タグ:

世の終わりだろう

今日は主日学校の当番で、子供たちと1日過ごした。かわいいとは心から感じてなく、そのかわりに、元気だなと嘆くしかない。なぜ子供たちはそこまで遊べるのか。そしてただの遊びである。わたしは子供のころ、あんまりそこまで遊ばない。

タグ:
Top